チャリカの本人確認方法を紹介!利用する上での注意点を理解しよう

本人確認 競輪 チャリカ

チャリカを利用する場合、まずは会員登録した上で本人確認書類の提出が必要です。
金融サービスの一種ですので、身分を偽って利用することを禁止するために本人確認が行われています。
本人確認を行う上での注意点は、以下の通りです。

  • 本人確認書類として何が必要であるかを理解する
  • 必要な本人確認書類を事前に準備する
  • 本人確認書類と申込み時の情報に不一致がないこと

では、具体的にどのようにして本人確認が行われるのでしょうか?
この記事では、チャリカで本人確認を行う方法について詳しく紹介します。

「チャリカ」新規登録時の本人確認方法

チャリカでは、主に新規登録時に本人確認が行われます。
これは、利用者本人が申し込んでいることの確認と同時に、年齢なども確認されるのです。
もちろん、代理人が申し込んだり、他人になりすまして申し込むことはできません。
これを防止する意味でも、本人確認が行われるのです。
具体的には、次のような方法で本人確認が行われます。

チャリカに登録する

登録

まず始めに、チャリカに登録を行います。
チャリロトへの登録は簡単で、まずはメールアドレスの登録を行います。
メールアドレスは、普段使用しているものを利用しましょう。
なお、チャリカのお知らせや入金通知などでしか利用されないので、安心して登録できますよ。
メールアドレスの登録が完了すると、「会員登録認証メール」というタイトルで届くので、メール内のリンクをタップします。
そして、「チャリカ会員情報の変更・入力」画面を開き、案内に従って入力します。

本人確認書類を提出する

本人確認

個人情報の登録が一通り完了した時点で、本人確認書類の提出を行います。
「チャリカ会員登録申請完了」ページにおいて、本人確認書類の登録ボタンより本人確認書類の提出を行う形となっています。
本人確認書類の提出は、以下の3種類の中から選択ください。

  • WEBで提出
  • WEBカメラで撮影する
  • TRUSTDOCK アプリで提出

WEBで提出の場合は、あらかじめ撮影した身分証明書を「ファイルを選択する」から提出します。
この方法の場合、パソコンなどに事前に撮影した画像を保管しておき、そこからアップロードすることが可能です。
WEBカメラで撮影する場合は、撮影するを選択して、画面の指示に従って登録して撮影します。
撮影が完了したら「この内容で提出する」を選択し提出すれば完了です。
WEBカメラがあるデバイスであれば、簡単にアップロードを行えますよ。
TRUSTDOCK アプリで提出する場合、まずは「 TRUSTDOCK 」アプリをインストールし起動してください。
はじめての起動する場合は、説明画面が表示されるので、「つぎへ」および「はじめる」ボタンをタップします。
そして、本人確認書類を撮影したら、「完了」を選択し提出しましょう。
画像のアップロード専用のアプリですので、他に使い道がないのが難点ですが、もしTRUSTDOCKを使用したい場合はこの方法を選択しましょう。
なお、ここまで紹介した3つの方法のいずれも、チャリカ会員登録申請後24時間以内に操作をしてください。

本人確認で使用できる6つの書類

本人確認

チャリカの本人確認で必要な書類は、以下の通りです。

本人確認書類
運転免許証(裏面も必須)
運転経歴証明書
マイナンバーカード(表面のみ)
在留カード
特別永住者証明書

他のサービスでは、保険証などでも本人確認が行われますが、チャリカについては不可能です。
運転免許証が最もスタンダードな方法となりますが、もし持ち合わせていない場合はマイナンバーカードでの本人確認が必要になります。
また、外国人の方は在留カードや特別永住者証明書で気軽に登録できます。

「チャリカ」利用にあたって注意すべき5つのポイント

競輪

チャリカを利用する上で、注意すべきポイントがあります。
主な注意点について、詳しく解説します。

本人確認書類と申請内容がアンマッチにならないこと

間違い

本人確認が行われる主な理由として、本人確認書類と申請内容にアンマッチがないことが挙げられます。
例えば、運転免許証に記載に住所と現住所が違う場合、本人確認が取ることができません。
場合によっては、登録を拒否される可能性もあるので注意しましょう。
また、氏名や生年月日が異なることも問題です。
これは、意図的ではなく単なるケアレスミスで発生する可能性もあります。
ただ、チャリカではミス云々が関係なく、客観的に見て情報がアンマッチであると判断するのです。
よって、申請内容をしっかりと確認して、間違えている場合は修正しましょう。

送金サービスの停止時間がある

送金

競輪では、モーニング競輪やミッドナイト競輪など、朝早くから深夜までレースが行われています。
仕事帰りでも気軽に車券を購入できるのが魅力的であり、チャリカについても柔軟に送金対応しているのです。
基本的に、チャリロトからチャリカには基本24時間の送金に対応しているのですが、以下時間帯は送金サービスが停止されますので、注意しましょう。

  • 祝日: 0:00~翌日00:05
  • 祝日の前日: 23:55~24:05
  • 振替休日: 0:00~翌日00:05
  • 毎月第2土曜日: 21:00~翌日8:05
  • 1/1~1/3ならびに5/3~5/5: 0:00~翌日00:05

チャリカには有効期限がある

注意点

チャリカにチャージした金額には、有効期限があります。
有効期限は、チャージした日から180日に設定されています。
いつまでもチャージしたままにしておかず、チャリロトなどのサービスに入金処理しましょう。

返金や換金は不可能

返金

チャージしたチャリカについては、返金や換金することはできません。
的中による払戻金を受け取る場合は、会員の銀行口座に送金する、再度チャージするなどの方法を選択する必要があります
また、最も注意したいのがチャージし間違えです。
自分のミスで謝ってチャージしても、返金に応じてもらえませんので注意しましょう。

精算の不成立が2回連続して発生した場合は再チャージとなる

チャリカ会員銀行口座登録不備などで精算の不成立が2回連続して発生した場合は、自動的にチャリカ残高に再チャージとなります。
くれぐれも間違えないように、しっかり口座番号などを確認してください。

「チャリカ」使うなら「チャリロト」がおすすめ!

チャリロト

チャリカと相性抜群の投票サービスとして、チャリロトがあります。
チャリロトには、主に次のような魅力があります。

最大12億円のチャンスがある!

最高

チャリロトは、宝くじ感覚で購入できて、最大12億円を得られるチャンスがあります。
宝くじの場合、完全運次第の要素がありますが、チャリロトの場合は自分で買い目を選択できるのが魅力的です。

還元キャンペーンがお得

キャッシュバック
また、チャリロトでは購入金額に応じて最大3%の還元キャンペーンが行われています。
これによって、払戻金の他にもボーナスをゲットできるチャンスがあるのです。
全国で開催される競輪だけでなく、オートレースの車券もインターネットで購入できるサービスとしても知られています。

情報コンテンツが満載

コンテンツ
競輪初心者の方にも優しいサービスが多く、YouTube動画で予想に役立つコンテンツを提供しているのも特徴です。
レースのライブ映像もチェックでき、また出走表も公開されているのでチャリロトのサイトだけで予想からレースのチェックまで完結できますよ。

チャリカの本人確認はとても簡単!

チャリカの本人確認は、とても簡単な手順で完了させることができます。
特に、WEBカメラを利用して登録できるのはとても良いですね。
保険証での本人確認ができないのは残念ですが、それでも他のサービスと比較して簡単に本人確認が完了できる点が評価できます。
チャリカの本人確認をしっかりと行い、競輪のネット投票を楽しみましょう。